Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【製造業的復興支援プロジェクト、結果の軌跡1】

ものづくりの俺らだから、できることがある。

――― ほんとに、あった。

【製造業的復興支援プロジェクト、結果の軌跡1】

「網戸、大好評ですよ!!もともと引き戸タイプつけてたお宅も、おなじのに
変えるかもって。(エアコンの)室外機は、うん、もう、まったく、雨の音、
しないって!!10名以上から聞きましたから。ほんと、大好評ですよ!!」

東北金型工業会事務局でもあり、今回現地である箱塚桜団地との重要なパイプ役を担って
いただいているO氏が、本プロジェクト実行メンバーが多数集まる8月20日の株式会社ミナロ(神奈川)納涼祭で、お手製の焼きそばを配りながら口にした。

「そ・・・」
「そうなんだ」
「それ、マジうれしい・・」

納涼祭の前に行われたプロジェクトの会議には間に合わなかったO氏、
この泣ける現地の声を聞いたのは、たった3人のメンバー。

これは!!と、つい閃いてしまった。
この公式サイト記事1発目を記念して、この汗でキラキラした勲章のような結果を、
ここで発表しよう、と。メンバーにもサプライズにしよう、と。

会議でみんなで何度もアタマ抱えてたこと。
まず7月20日に事前に行って、豪雨のなか練ったアイディアを実験してみたメンバー。
問題発生して緊急会議が召集され、いそぎ鶴見で激論をかわしたこと。
練りに練って、猛暑の8月9日、
簡易網戸と室外機へのウレタン貼付を実施したメンバーとその子供たち。
翌10日に、残った戸数を1人でこなしてくれたO氏。
なにもかもが、手さぐりで、手づくりで、試行錯誤のくりかえしで・・

途中、新聞にとりあげていただいた。
会長がUstreamの生放送に出た。
他の取材依頼も届いてる。
それは、狙ったことでないだけに、とてもとてもありがたく、
メンバー全員が感謝の気持ちでいっぱいで。

でも、みんなが出したかったのは、この、結果、ひとつめ。
ほんとに、あった。できた。まだまだちっさな形だけど、
現実に1箇所の仮設住宅のみなさんがいちばん困っていたことを、解決できた。
ものづくりの、俺らの、この手で。

夏が終わっちゃうまえに動くぜ。~対策案が決まるまで

決定までに、Facebook内の非公開グループ(議論の内容は、グループ内メンバーにしか見えない。よって、みんな、本音で書く。時に、ギャグあり、エロあり・・なぜなら、ストイックでは笑顔でできないからであろう、そんなことでもノレる仲間になってるからこそ、プロジェクトの魂が共有できるからであろう。・・いや、キレイに書きすぎだ。本能だろう)
と、リアル会議(Skype参加も含む!)で議論。茨城、富山、栃木、静岡、埼玉、東京、神奈川に東北金型工業会の若手支部若竹会。
以下、すべてを記事にすると長く長くなるので、真剣な思いがきっちりつたわるよう、肝のみ掲載。
ここに至るまでリアル会議で数時間、補足をFacebookで延々と議論する、製造業的メンバーたち・・・。


↑Skype(このときはツイキャスだったかな・・)で激論に参加!茨城より佐藤氏。

○玄関側への簡易網戸設置=激暑対策
 (風がまったくとおらなくて、なにしろ暑い)

製造業的支援だからって、なんでも自分たちで作らなきゃ・・って意固地になって、支援が遅れたら元も子もない。一刻もはやく、夏を乗り切れるよう対処しよう。現地のみなさんが気づかなかった効率の良い方法を提案して実践するもの、製造業的支援だ
「設置件数102戸。居住予定年数2年。暑い仮設住宅をすこしでもはやく風通しよくすること。この3点から、引き戸タイプの取り付けでなく、カーテンタイプの簡易網戸でいく」

↑すぐ雨音対策にこれらが浮かぶあたりからして、
製造業のみんなは無意識だけど、製造業的なのだ・・

○エアコン室外機ウレタン貼付=激雨音対策
 (雨が降ると室外機に当たってものすごい音がする、寝られないくらい)

「ホームセンターに売っている人工芝かウレタンを乗せたらどうか。固定は両面テープだと逆にはがすとき大変。P.P.バンドでいけるのでは?」
実際に雨音で試さなくては。コストも考えねばならないが、効果が低くては意味がない

↑P.P.バンド、ってもの・ことば自体が、製造業的だと思うのだ・・

7月20日 嵐の中の現地テスト

名取市役所前9:30集合のその日。
なんと、豪雨(台風6号最接近した日です)。
静岡を午前1時に車で出発した椙田氏(株式会社エコックス:静岡)が、佐藤氏(有限会社光和精機製作所:茨城)と日立市で早朝合流(佐藤氏奥様手づくりのおにぎりつき!涙もの!)。そこに東北金型工業会若竹会会長庄司氏も朝イチ参加を決定。そして、現地を支える北川氏(仙台在住)、前述のO氏の総勢5名が現地テストに向かった。
第二回仮設住宅訪問~名取市箱塚桜団地~(←当サイト内の別記事です)」
284753_134578929959281_100002215248964_244125_3016944_n269443_134579106625930_100002215248964_244132_4483626_n284838_134582306625610_100002215248964_244237_1501988_n269143_134579183292589_100002215248964_244135_893041_n

男たちの熱い魂が嵐を呼び、ホンモノの豪雨の中テストを実施。
11:58 椙田氏「任務終了しました。が、アミドに問題有り、近々緊急会議開催求む
(facebook書き込み)

そう。室外機の件は、ウレタンの消音効果が高いことがわかった。
迷いといえば・・ウレタンや固定するP.P.バンドの色によっては、
見た目が・・!という問題くらい。
緊急会議開催の理由は、網戸。
実は、この箱塚桜団地の玄関には、開きが2タイプあった。
半数近くが、用意した簡易網戸がうまく取り付けれらないという・・・

どうする?

・・・

その前に、メンバーから、続々、待ってましたのあたたかい声が。
これが、ソーシャルメディアも使ってのこのプロジェクトの強みのひとつだ。
リアルタイムに、気持ちの支援が届く。
12:33 渡邊氏(株式会社C&Gシステムズ:東京)「お疲れ様でした。ずぶ濡れ、風邪をひかないように」
(facebook書き込み)

続きはこちら

文責:始末屋メテーノレ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に